どこからどこまでがIT業界?


IT業界の全体像を見てみよう

IT業界ってとにかく幅が広すぎて、結局どこからどこまでがIT業界なのかがよくわからなかったりしますよね。これからフリープログラマーを目指そうと思っている人でも、実は業界のことはまだよく知らないという人が多いもの。プログラマーとしてどんな業界で働きたいかを決めるには、まず業界の全体像を知っておくことからです。そこでご紹介するのが、「Web・インターネット系」「ソフトウェア・ハードウェア開発系」「情報処理・通信サービス系」です。同じIT業界でもどのジャンルの仕事を選ぶかによって求められることも変わってくるので、まずは業界全体を大まかに把握しておきましょう。

Web・インターネット系

まずはわかりやすい「Web・インターネット系」からご紹介。インターネットを使わない日がない人を探すほうが大変な今の時代、インターネットは電気や水と同じくもはや生活インフラの一種です。これだけ生活に浸透すると、もはやインターネットなしの生活なんて考えられませんよね。FacebookやTwitterなどのSNS、Amazonや楽天などのショッピング系サイト、ニュースやエンタメなどの情報サイトなど、スマホやパソコンを開いては毎日何かしらのアプリやWebサイトを利用していると思いますが、これらに関する業種はすべてWeb・インターネット系となります。

ソフトウェア・ハードウェア開発系

パソコンならWindowsやMac、モバイルならAndroidやiOSなどの「OS」と呼ばれるオペレーションシステム、WordやExcelといったOffice系ソフト、スマートフォンには欠かせないアプリの数々などを取り扱うのが「ソフトウェア系」です。知名度的にわかりやすいところでいうとApple社やWindows社がありますね。一方の「ハードウェア系」では、パソコンとその周辺機器やスマートフォンなどの「入れ物」のほうを開発・販売しています。日本の企業なら、パナソニックやソニー、日立などです。

情報処理・通信サービス系

情報処理系には、システム開発をプロジェクトごと受注する「SI」と客先にエンジニアを派遣する「SES」があります。SIはシステムエンジニア、SESはプログラマーがそれぞれ多いイメージです。どちらにしても客先常駐というケースが多く見られますが、受託開発として受注するケースもあります。また、この中でさらに「メーカー系」「ユーザー系」「独立系」と3つの系列に分かれていきます。「通信サービス系」では、電話やインターネット回線を取り扱っています。docomo、au、SoftBankなどの大手キャリア3社といわれる企業はこのジャンルです。

New!

  • 年収は上がるのか?

    不安定リスクを取って独立するからには、会社員時代より年収を大幅にアップさせたいと考えるのはもっともなことです。フリープログラマーにはいろいろな働き方をしている人がいるので、同じ能力があっても年収はそれぞれで平均がわかりませんが、一般的なスキルがあれば会社員の倍を稼ぐことも可能です。プログラマーは歳をとると仕事がなくなるという説がありますが、フリープログラマーなら能力さえあれば活躍する場はあります。

    続きへ
  • もはや成熟期?

    IT業界には、進歩の余地があるジャンルがある一方で成熟期に達しているジャンルがあることも確かです。今後はITの力で便利になったものの無駄をなくし、ものとものをつなげていくことが課題になっていくでしょう。業界の進歩の早さに追いついていないのが人材で、今すぐ優秀なエンジニアが欲しいと考えている企業は数えきれないほどあります。人材不足が深刻になると、労働環境の問題なども発生してくるので早急にクリアしたい課題です。

    続きへ
  • どこからどこまでがIT業界?

    IT業界でフリープログラマーとして活躍するためには、業界内にどのような業種があるかをまず知っておかなければなりません。プログラマーに求められるスキルは業種によって異なるので、どのスキルを強化していくかを決めるためにもIT業界の全体像をまずつかみましょう。業種は分かれていても、それぞれ同じIT業界内で密接なつながりを持っています。企業規模や企業の方針によって細かい点は異なりますが、ジャンルの違いを知っておくことで今後の方向性を定めやすくなるでしょう。

    続きへ

Recommend!

  • 逆にこれはダメって思うことは?

    自由に働くことができるという点ばかりに期待してフリープログラマーになると、独立してから現実の厳しさに打ちひしがれてしまうかもしれません。どんな働き方にも良いところと悪いところが必ずあるので、フリープログラマーの悪いところについてもしっかり理解しておきましょう。特に、営業や経理、スケジュール管理などが苦手な人やお金の不安に弱い人は、フリープログラマーの現実を冷静に受け止めておく練習をする必要があります。

    続きへ
  • 登録~案件紹介のフローは?

    フリー向けのエージェントは大小さまざまな規模のものがありますが、大まかな利用フローは同じです。最初の一歩がなかなか踏み出せないなら、利用フローを確認してイメージを膨らませてみてください。利用するかどうか決めかねている状況なら、まずは相談だけしてみてからじっくり考えるという方法もあります。今の自分のスキルでどのぐらいの相場がつくのかを知りたい場合にも、エージェントから最新情報を入手することができます。

    続きへ
  • エージェントは何のために使う?

    独立をためらう理由が営業ならば、あきらめる前にぜひフリープログラマー向けの案件を多く扱っているエージェントをチェックしてみましょう。営業力がなくても、プログラマーとしてのスキルがあれば、そのスキルに合う案件を探して紹介してくれます。また、紹介するだけじゃなく契約からその後のフォローまで一貫してサポートしてくれるのも大きな魅力です。エージェントによっては、福利厚生サービスが充実している場合もあります。

    続きへ
Information