まだまだ進化する技術!


IT業界の進化は止まらない

成熟期を迎えるジャンルがあったとしても、そこからまた新たな切り口を見つけては進歩していくのがIT業界です。今後はM2MやIoTの技術が加速してくるので、フリープログラマーの腕の見せ所がまた増えますね。IT技術によって世の中が広く浅く便利で快適になったことは確かですが、まだまだ欲しいサービスは溢れています。キャッシュレス化が受け入れられるようになったと思えば、今度は仮想通貨で決済できるサービスが加速。数年前には誰も考えなかったようなことが起きているのですから、数年後また新たなことが起きていると予測するのは合理的なことです。

クラウド化とビッグデータの時代

ソフトを買ってパソコンにインストールをして…という時代はもう終わり。今はなんでもクラウド化の流れですよね。クラウドサービスを利用すれば、コンピュータ本体に万が一のトラブルが発生しても、保存しているデータは守られるので安心です。API(Application Programming Interface)のおかげで開発コストも大幅カットが可能になり、インフラ整備が簡単にできるようになりました。これによってインフラエンジニアがやっていた従来の仕事は少なくなるかもしれませんが、クラウドに対応できる技術を装備すれば新たな活路を見つけられますね。そして、企業のマーケティングにもはや欠かせないものとなっているのがビッグデータです。ユーザーの動向はサービスを提供する企業にとって高い価値を持つ情報ですよね。ビッグデータを扱えるエンジニアは、今後ますます活躍の場が選べる状況になっていくでしょう。

Webサービスの市場は強い

どこかへ出かければ、必ず誰かがスマートフォンを見ているシーンを見かけますよね。24時間いつでもどこでも自由にサービスにアクセスできるのは、Webサービスの強みではないでしょうか。ユーザーの誰かが「このサービスいいな!」と思えばすぐSNSでシェアしてくれますし、他の人もいいと思ってくれれば、もうあっという間に拡散です。Webサービスは日々進化を続けていて、それはこれからも同じです。Webの市場は形を変えながらも今後さらに伸びていくことになるでしょう。

IT技術の進化はとにかく早い

IT業界の現場で働く人にとって、技術進歩のスピードにいかに乗るかが問題ですよね。現状なら対応できる十分なスキルがあっても、それが数年後使えるかどうかは別問題。フリープログラマーを続けていくためには努力が必須なのです。大変そうに思えるかもしれませんが、フリープログラマーになるというところまで来られたのですから、あとは自分次第です。続けていけばプロジェクト管理者やコンサルタントとしての仕事につながるかもしれませんよ。

New!

  • 年収は上がるのか?

    不安定リスクを取って独立するからには、会社員時代より年収を大幅にアップさせたいと考えるのはもっともなことです。フリープログラマーにはいろいろな働き方をしている人がいるので、同じ能力があっても年収はそれぞれで平均がわかりませんが、一般的なスキルがあれば会社員の倍を稼ぐことも可能です。プログラマーは歳をとると仕事がなくなるという説がありますが、フリープログラマーなら能力さえあれば活躍する場はあります。

    続きへ
  • もはや成熟期?

    IT業界には、進歩の余地があるジャンルがある一方で成熟期に達しているジャンルがあることも確かです。今後はITの力で便利になったものの無駄をなくし、ものとものをつなげていくことが課題になっていくでしょう。業界の進歩の早さに追いついていないのが人材で、今すぐ優秀なエンジニアが欲しいと考えている企業は数えきれないほどあります。人材不足が深刻になると、労働環境の問題なども発生してくるので早急にクリアしたい課題です。

    続きへ
  • どこからどこまでがIT業界?

    IT業界でフリープログラマーとして活躍するためには、業界内にどのような業種があるかをまず知っておかなければなりません。プログラマーに求められるスキルは業種によって異なるので、どのスキルを強化していくかを決めるためにもIT業界の全体像をまずつかみましょう。業種は分かれていても、それぞれ同じIT業界内で密接なつながりを持っています。企業規模や企業の方針によって細かい点は異なりますが、ジャンルの違いを知っておくことで今後の方向性を定めやすくなるでしょう。

    続きへ

Recommend!

  • 逆にこれはダメって思うことは?

    自由に働くことができるという点ばかりに期待してフリープログラマーになると、独立してから現実の厳しさに打ちひしがれてしまうかもしれません。どんな働き方にも良いところと悪いところが必ずあるので、フリープログラマーの悪いところについてもしっかり理解しておきましょう。特に、営業や経理、スケジュール管理などが苦手な人やお金の不安に弱い人は、フリープログラマーの現実を冷静に受け止めておく練習をする必要があります。

    続きへ
  • 登録~案件紹介のフローは?

    フリー向けのエージェントは大小さまざまな規模のものがありますが、大まかな利用フローは同じです。最初の一歩がなかなか踏み出せないなら、利用フローを確認してイメージを膨らませてみてください。利用するかどうか決めかねている状況なら、まずは相談だけしてみてからじっくり考えるという方法もあります。今の自分のスキルでどのぐらいの相場がつくのかを知りたい場合にも、エージェントから最新情報を入手することができます。

    続きへ
  • エージェントは何のために使う?

    独立をためらう理由が営業ならば、あきらめる前にぜひフリープログラマー向けの案件を多く扱っているエージェントをチェックしてみましょう。営業力がなくても、プログラマーとしてのスキルがあれば、そのスキルに合う案件を探して紹介してくれます。また、紹介するだけじゃなく契約からその後のフォローまで一貫してサポートしてくれるのも大きな魅力です。エージェントによっては、福利厚生サービスが充実している場合もあります。

    続きへ
Information